ネイティブアメリカンの言葉で「雷轟く水」を意味するこの滝は、その名の通り水が轟音をたてながら流れています。
一体、そんな場所にどこまで近づけるのか?
大きすぎる建造物や大自然は、ある程度距離をひいたポイントから見ると絶景。
実際に手で触れて見る(滝の水を手で触る)と感動。
このページではその両方をお楽しみいただける方法をご紹介します。

現地に行った気分になれるライブカメラ映像

こちらは実際のライブカメラ映像(リアルタイム)です。

※こちらのライブカメラは音も出ます。

カナダ滝を間近で見る

スカイロンタワー

スカイロンタワー

最も高い地点(160mの展望タワー)からナイアガラの滝全景を臨むことが可能。

詳細はコチラ

コニカ・ミノルタ・タワー

コニカ・ミノルタ・タワー

カナダ滝の真上から見下ろす眺めになる。

詳細はコチラ

ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ

ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ

カナダ滝の裏側を真横から眺める景色は全く違うものとなっております。

詳細はコチラ

テーブルロック

テーブルロック

2万5千年後には消滅してしまう!?テーブル状に突き出た岩が削れ、現在は展望スペースとして整備されたスポット。
テーブルロックセンターは、少し小高い位置にあり、テーブルロックには沢山の観光客がいるので、撮影には最適です。

詳細はコチラ

ホーンブロワー,ナイアガラの滝,クルーズ

ホーンブロワー ナイアガラ クルーズ

霧の乙女号の名前で知られていたナイアガラの滝クルーズ船、2014年に運行会社が変わり、ホーンブロワー ナイアガラ クルーズという名称に生まれ変わりました。

詳細はコチラ

アメリカ滝を間近で見る

アメリカ滝は降り積もった岩石の浸食を止めるため(浸食スピードは年間3cm程度)、3年後(2019年予定)には水流が止められます。
そのため、アメリカ滝は見られなくなってしまいます。

霧の乙女号,Maid of the Mist

霧の乙女号/Maid of the Mist

アメリカ側から乗船するクルーズ。
霧の乙女号はカナダ側とアメリカ側とを結ぶフェリー船として運航を開始したがワールプール・ラピッド・ブリッジができたことにより乗客を失い、1854年に、観光客向けの遊覧船として再スタート。

詳細はコチラ

風の洞窟

風の洞窟

ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズと同様にアメリカ滝とブライダルベール滝を間近で体験。

詳細はコチラ

ブライダルベール滝

ブライダルベール滝

花嫁のベールを連想させることから名付けられた、3つの滝で最も細い滝で、風の洞窟よりブライダルベール滝の真下まで降りることができます。

詳細はコチラ

プロスペクト・ポイント

プロスペクト・ポイント

ゴート島の先端(テラピンポイント)からアメリカ滝を真上から眺めてみましょう。

詳細はコチラ