ナイアガラの滝の気温

ナイアガラの滝近郊はだいたい札幌と同じ緯度に位置しています。
ナイアガラの滝,気温
最も暖かいのは7月、反対に寒いのは1月です。

ナイアガラの滝の四季と気候

ナイアガラの滝,春の景色

春のナイアガラの滝

4月はまだ寒く、10度程度にしか気温が上がらないことも多くあります。5月になると一気に春めいて来ます。

ナイアガラの滝,夏の景色

夏のナイアガラの滝

観光シーズンはやはり夏。夏と呼べるのは6~8月ですが、年によっては5月の時点ですでに20度近くになることもあります。涼しいイメージのあるカナダですが、7、8月の暑い日には30度を超え、日本ほどではありませんが、湿度も高く蒸し暑い日だってあります。ただし、天候が崩れると一気に涼しくなることもあります。

ナイアガラの滝,秋の景色

秋のナイアガラの滝

9月に入ると秋めいてきて、10月中旬にはカナダの国旗にもデザインされているメープル(楓)の紅葉が見られます。このあたりは日本の1ヶ月前倒しぐらいの季節感で考えてください。ちなみに、カナダでもメープルの紅葉が見られるのはナイアガラの滝のあるオンタリオ州以東のみ。ナイアガラの滝を起点にトロント、ケベックへ続く道をメープル街道と呼び、紅葉の名所として知られています。ナイアガラの滝はこの街道の中でも一番南にあるため、紅葉の時期がもっとも遅くなります。

ナイアガラの滝,秋の景色

冬のナイアガラの滝

紅葉が終わり11月になると冬に突入。気温は氷点下になります。特に風の強い日には体感気温がマイナス20度以下になることも。12月にもなると滝の一部や水しぶき凍り始め、滑りやすくなります。また、水しぶきが周囲の木に付着すれば、樹氷という、冬ならではのナイアガラの滝の風景を見ることもできますよ。

ナイアガラの滝の天気

実際に行く日が決まったら天気予報を確認しましょう。
こちらのサイトから、90日分の天気予報を見ることができます。

観光時の服装

霧の乙女号で見学する際に、ずぶ濡れになることはありませんが、ポンチョを着ていても多少服が濡れてしまいます。また足元が濡れやすいため、夏場はサンダルなど乾かしやすい履物がおすすめです。夏は念のため羽織るものを持参しましょう。冬はしっかりと暖かい格好をして、滑りにくい靴底のブーツを履いて行きましょう。