このページでは日本から、そしてニューヨークからの行き方をご案内します。

日本からナイアガラの滝に行く方法

日本からカナダ入国まで

ナイアガラの滝に近いのはカナダのトロント・ピアソン国際空港かアメリカのバッファロー空港の2つです。
便利なのはトロント空港。
トロントまで羽田空港から全日空とエアカナダの直行便が毎日運行されています。飛行時間は約12時間です。

トロント空港からナイアガラの滝まで

トロント・ピアソン国際空港からはナイアガラの滝へはバス、タクシー、またはレンタカーで向かいます。
約122km離れており、渋滞がなければ1時間20分程度です。

◆バス
空港からナイアガラの滝までのシャトルバスは、2社が運行しています。
ナイアガラエアバス 
片道$93.79~ ※時期や荷物の数によって変動します
日本語で申し込めます。

Ride Booker 片道$95~
サイトの右上にあるBOOK NOWから申込をします
送迎時間を自分で指定する必要があります

◆タクシー
ナイアガラ・フォールズタクシーというナイアガラ地区で一番大きなタクシー会社を利用します。
トロント空港からは$215(4人まで)~。人数によって車のサイズが変わるため、料金も変動します。
事前にサイトから予約をして利用します。

公式サイトはコチラ

から

ニューヨークからナイアガラの滝に行く方法

全米No.1の観光地であるニューヨークですが、ニューヨーク内だけでなくボストン、ワシントン、ナイアガラの滝などに行く郊外ツアーも大人気。アメリカの「ちょっとそこまで」は車で6時間、飛行機で1時間は当たり前。「ついでにナイアガラの滝へ」といった感じで向かっちゃいましょう。

ニューヨークから行く方法は4つ。

1. 飛行機(バッファロー空港経由)

ナイアガラ日帰りツアー,ニューヨーク発ナイアガラ観光,ナイアガラ観光

ニューヨークにあるJFK空港かラガーディア空港から、
ニューヨーク州にあるバッファロー・ナイアガラ国際空港にまず飛びます。
JFK発の直行便はJetBlueとデルタ航空から出ていて、所要時間は80分~90分です。
ラガーディア空港からの直行便はデルタ空港のみ運行してます。所要時間は90分です。

ニューヨーク州にナイアガラフォールズ国際空港という空港もありますが、
ニューヨークのJFK空港やLGA(ラガーディア)空港からの便がないため、ツアーではあまり使われません。

◆バッファロー空港からの行き方
バッファロー空港についたら、バスまたはタクシーを使ってナイアガラの滝に向かいます。
タクシーの場合、所要時間は45分ほど。
バスはナイアガラ・エアバス、バッファローエアポートシャトル、メガバス、グレイハウンドの4社が運航しています。

旅行会社が催行しているツアーのほとんどは飛行機を利用して行くツアーです。
朝6時過ぎのフライトで飛んで、現地をしっかり観光して、その日の夜6時にJFKに戻る、というコースが主流です。

航空券付き激安ナイアガラの滝ツアーはコチラ!

2. 電車(アムトラック)

ニューヨークのペンステーション駅から、ナイアガラフォールズ駅まで約9時間かかります。車内で入国審査が行われ、駅を降りてからナイアガラの滝まではタクシーで移動します。

アムトラックで行くナイアガラの滝ツアーはコチラ!

3. バス

ニューヨークのポートオーソリティ駅からナイアガラフォールズ駅までバスが出ています。8時間半から9時間かかります。バスを一旦降りて入国審査を行いカナダ側に入ります。

4. 車

車でナイアガラへ,マンハッタン発ナイアガラ観光

必要なものはちゃんと動く車と長距離運転を楽しむ気持ちと根性とガソリンのみ。
理論上は6時間半ですが、何だかんだで9時間ほどかかります。
家族連れや、途中ペンシルバニアで観光したり、ゆっくり向かいたい方は車で向かうのもアリですね。
国境を渡る時に、車のなかからパスポートを出し入国審査があります。