トロントは北米ではニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴについで4番目に大きな都市ということもあり、観光スポットの宝庫です。
世界中から人々が移り住み、多様な国の文化が町のあちらこちらで見られ、見る人を飽きさせません。
ナイアガラの滝を始め、かつて世界一高いと言われたCNタワー、アイスホッケーNBA観戦ができるエアカナダセンター、
大都会の中にあるお城「カサロマ」、メジャーリーグ観戦が出来るロジャース・センター、大都会からフェリーで15分の都会のオアシス「トロントアイランド」、ヒッピーな雰囲気の漂う独特なエリア「ケンジントンマーケット」等、まだまだ沢山ございます。
そんなカナダのトロント観光のおすすめスポットをご紹介いたします。

CNタワー(CN Tower)

  CNタワー

      

トロントのシンボルと言えばCNタワーです。高さは553.33mで、かつては世界一の高さを誇りました。
タワー内には4つの展望台があり、トロントの夜景を楽しみたい方は絶対に外せないスポットとなっております。
Seven Wonders of the ModernWorld(新・世界の七不思議)のひとつとして、トロントの空にそびえたつCNタワーの展望フロアには、オープンエアのデッキがあります。トロントの光輝く夜景全望を心行くまでお楽しみください。
さらに、CNタワーの「世界で最も高い場所にあるワインセラー」としてギネスに認定された有名な展望レストラン「360 Restaurant」にて優雅にお食事もお楽しみいただけます。
弊社でもこのCNタワーからの夜景とCNタワーにある360度回転レストランにてディナーをお楽しみいただける「CNタワーと豪華ディナーツアー」 、「電車と徒歩で行くCNタワー夜景ディナーツアー」の2種類をご用意しております。
また、こちらのスポットをツアーで周るトロント市内一日観光ツアーもございます。トロントの街を一気に見て周りたい方は是非ご検討下さいませ。

地図はコチラ

セントローランスマーケット(St. Lawrence Market)

  セントローランスマーケット
トロント最大のいつでも賑わう市場です。
200年以上も前から、トロント市民の台所として賑わってきたセントローレンスマーケットはいつでも活気に溢れています。
レンガ造りで2階建てのこの建物は、通りをはさんでサウスとノースに分かれている市営市場です。野菜や肉、魚など地元でとれた新鮮な食材をはじめ、オーガニック食材の専門店、人気のデリカテッセン、ベーカリーなどが並び、世界中の料理を楽しめるお店がたくさんありますので、絶対にお腹をすかせて行かれることをお勧めします!
また、毎週土曜日には地元の農家が集まり、ファーマーズ・マーケットを開催します。こちらもトロントの地元の人に混じって楽しんでみてはいかがでしょうか。
こちらのスポットをツアーで周るトロント市内一日観光ツアーもございます。トロントの街を一気に見て周りたい方は是非ご検討下さいませ。

地図はコチラ

ケンジントンマーケット(kenginton Market)

  ケンジントンマーケット
100年以上の歴史をもつケンジントン・マーケットは独特の雰囲気の漂う不思議な空間。
ここケンジントンマーケットはチャイナタウンの隣にあるヒッピーなエリアで、多国籍なレストランやおしゃれなカフェ、バー、ビンテージ品を扱う古着屋、色とりどりのフルーツ屋さん、世界から集めた約300種類を扱うチーズ屋さん、キャンディ屋さん、ストリート・アート等、上げたらキリがないほど様々なお店が立ち並ぶ場所として地元トロントの人からも愛され、世界中の人々も魅了している、絶対に外せないおしゃれなスポット。レンズに映る写真も一枚一枚が絵になります。トロントでレストランをお探しなら一度はココで各国のソウルフードを食べてみてはいかがでしょうか。
多国籍な文化が若者の流行の発信地とも言えるこの場所で、新たな自分を発見できるかもしれません。

地図はコチラ

ネイサンフィリップススクエア(Nathan Phillips Square)

  ネイサンフィリップススクエア
トロントの象徴的な『TORONTO』の看板。旧庁舎前にある冬限定の美しいアイスリンクは必見!
旧庁舎とシティホールの大きなビルの目の前にあり、広場内には噴水があります(冬場はスケートリンク)
スケートリンクの利用は無料で、シューズ代だけレンタル代がかかります。
また、年間を通してイベントが開催される等、年間150万人もの人々が訪れる広場です。
ニューヨークのタイムズスクエアのように、年末にはここネイサンフィリップスクエアへカウントダウンをしようと
多くの人が訪れ、花火と共に集まったみんなでHappy New Yearを祝い、叫びます。
トロントで年越しのチャンスが有れば、ここでトロントニアンたちと一緒に過ごすのがおすすめです。
こちらのスポットをツアーで周るトロント市内一日観光ツアーもございます。トロントの街を一気に見て周りたい方は是非ご検討下さいませ。

地図はコチラ

イートンセンター(Toronto Eaton Centre)

  イートンセンター
言わずと知れたトロント最大のショッピングモール。トロントでシッピングをする人は必ず行くと言っても過言ではありません。
それもそのはず、トロント市地下鉄のダンダス駅からクイーン駅まで2駅分もあるこの巨大な施設はカナダやアメリカのブランドを中心に230以上のショップが有りなんでも揃います。日本未上陸のアイテムも多数ございますので、お買い物はココで決まりではないでしょうか。

地図はコチラ

カサロマ(Casa Loma Castle)

  カサロマ
1911年に大富豪(軍人ヘンリー公)によって巨額(350万ドル)を投して建てられた丘の上の邸宅カサロマ城(入場観光)
パーティルームや、ヘンリー公の客間、夫人のお気に入りだった温室として使われていたガラス張りの部屋、寝室やバスルームなども展示されています。
ジャッキー・チェンの映画タキシードでも撮影が行われたり、カサロマの中のお部屋オークルームが映画のX-MENの撮影に使われていたという話も!
美しい花や彫刻、噴水のある泉に囲まれた約6000坪もの広大な庭が城の周りにあります。そちらもお楽しみ下さいませ。
こちらのスポットをツアーで周るトロント市内一日観光ツアーもございます。トロントの街を一気に見て周りたい方は是非ご検討下さいませ。

地図はコチラ

ロジャースセンター(Rogers Centre)

  ロジャースセンター
ここロジャースセンターはメジャーリーグ(MLB)のトロントブルージェイズの本拠地となっており、
カナダで唯一、メジャーリーグ観戦できる場所で、スポーツ好きにはたまらない観光スポットとなっております。
実はこちら、世界初の可動式屋根付きを搭載した多目的スタジアムです。

地図はコチラ

エアカナダセンター(Air Canada Centre)

  エアカナダセンター
NHLのアイスホッケーとNBAのバスケットが見られるカナダの屋内競技場です。
カナダ唯一のNBAチームである「トロントラプターズ」。NBAをカナダで感染できるのはここトロントだけです。
また、カナダ発祥で国技であるのアイスホッケーの地元トロントのチーム「メイプルリーフス」の試合を観戦はおすすめです。
チケットもお手配可能ですので是非、世界最高峰の試合観戦をしてみてはいかがでしょうか。

地図はコチラ

トロントアイランド(Toronto Island)

  トロントアイランド
大都会トロントから都会の楽園へ!
フェリーでわずか15分の場所にあるトロントアイランドは、オンタリオ湖に浮かぶ公園の島、そこはまるで別世界です。
楽しみ方は自由自在。カヌーやボートをレンタルして楽しんだり、水辺のボードウォークを気ままに散策したり、ランチを用意してピクニックをしてみたり、自転車をレンタルして島を駆け巡ったり、アウトドア好きにはたまらない、ご家族でもカップルでも楽しむことができます。
子供も楽しめるアミューズメント施設や、レストランなども多く揃っています。
そして人気の秘密の一つはヌーディストビーチ。ここは裸でビーチに行ける有名なビーチです。

地図はコチラ

ロイヤルオンタリオ博物館(Royal Ontario Museum)

  ロイヤルオンタリオ博物館
世界中の人々を魅了する、600万点を越えるコレクションを誇るカナダ屈指の博物館。北米では5番目に大きく、毎年100万人以上が訪れます。
ここでは恐竜に遭遇したり、古代エジプトのミイラと対面したり、コウモリの洞窟に入ってみたり、アフリカンアートを鑑賞したり、子ども向けアクティビティに参加したり。普段はできない貴重な体験が出来ます。家族でもカップルでもおすすめです。

地図はコチラ

リプレイ水族館(Ripley’s Aquarium of Canada)

  リプレイ水族館
2013年にオープンしたばかりで、既にカナダで人気ナンバーワン水族館として知られる、カナダ・リプレイ水族館。ユニオン駅からインドアの連絡通路「スカイウォーク」で約10分でアクセス可能です。570万リットルの水の中で450種以上のお魚たちが優雅に泳いでいます。海の最強ハンター、サメも目の前で見られ大迫力です。勿論子どもから大人まで楽しめる人気観光スポットで、夜遅くまで営業しており、夜のデートにもおすすめです。

地図はコチラ

ハイパーク(High Park)

  ハイパーク
141ヘクタール(1.41平方km)の面積を誇るカナダのセントラルパーク。
トロントの大都市の中にある広大な公園で、春には名物の桜が見られ花見がトロントの人々にも「Hanami」と言われ楽しまれています。
秋には紅葉が楽しめます。皆さんはトロントの国旗には何が載っているかご存知でしょうか。
そうです、カエデ(メープルリーフ)ですね。秋にはこのカエデを綺麗に見ることが出来ます。実は樹液はメープルシロップの原料となりますので、カナダのメープルシロップが有名なのがわかりますね。せっかくカナダに行くのですから絶対に見ていただきたいです。

地図はコチラ

チャイナタウン(China Town)

  チャイナタウン
北米最大級のチャイナタウン。トロントにいるはずなのにそこに入れば別世界のチャイナタウンに。
本場の四川・北京などの本格的な中華料理を味わうことが出来ます。
大都市には必ずと行っていいほどあるチャイナタウン。もう今では各国のチャイナタウンをめぐるのもマストな観光プランとなっているようです。
チャイナタウンにはお土産にも便利なギフトショップが沢山あります。しかも値段も安いことが多く、値切りも出来る場合があります。お得にお買い物を楽しむのもありですね。
リトルイタリーの近くに位置しているので、一緒に周って異文化を体感してみるのもおすすめです。

地図はコチラ

リトルイタリー(Little Italy)

  リトルイタリー
トロントの街にある小さなイタリアです。その昔にトロントに移り住んだイタリア系の人々により代々受け継がれております。
カレッジストリートに沿ってあるリトルイタリーにはお洒落で本格的なイタリアンレストランやカフェが多数あります。
特に夏場はオープンテラスでの優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。
チャイナタウンの近くに位置しているので、一緒に周って異文化を体感してみるのもおすすめです。

地図はコチラ

オネスト・エッズ(Honest Ed’s)

  オネスト・エッズ
1948年にオープンして以来、トロントニアンに愛される、巨大な激安ストア「オネストエッズ」。トロントのドンキホーテと言われているようで、世界で最初のディスカウント・ショップという情報もあるくらい様々なアイテムが激安で販売されています。
このかなり目立つ、日本にはないような看板が目印です。ご家族やご友人へのお見上げは一通りここで揃います。

※こちらは2016年12月31日を持ってクローズしました。

地図はコチラ

トロントからナイアガラの滝までの行き方

トロントにご滞在する際は、必ずと言っていいほどナイアガラの滝に行かれる、または行きたい方が多いのではないでしょうか。
トロントからナイアガラの滝までは実は意外と距離があり、車でも約1時間30分程掛かります。
そこでナイアガラの滝までの行き方をご案内致します。

1. VIA鉄道で行く

まずはこちら、VIAという鉄道を利用してナイアガラの滝行く方法。
トロントにあるユニオン駅から出発し、ナイアガラ・フォールズ駅に到着する乗換なし直通の鉄道です。
※直通の鉄道は毎日運行ではない場合が御座いますので公式ウェブサイトでチェックが必要となります。

所要時間: 約2時間
購入方法: 駅のカウンター/オンラインでの事前購入
※完売もあるため、オンラインでの事前購入がお勧め
料金(大人片道の目安): CA$25/名 Economy Escape fare
CA$50/名 Economy
CA$72/名 Economy Puls

2. 電車とバスで行く

ユニオン駅のGo Transitの電車でLakeshore Westラインに乗り、Burlington駅まで行きます。
その後Niagara Falls行きのバスに乗り換えます。
※事前に運行状況の確認が必要です。

所要時間: 約2.5時間
購入方法: Go Transitのチケットカウンター/オンラインでの事前購入

3. 長距離バスで行く(megabus / Greyhound)

トロント市内の旧庁舎近くにある長距離バスターミナル(610 Bay Street)
から出ている2種類のバスで、ナイアガラのバスターミナルまでノンストップで行くことが可能です。

所要時間: 約2時間
購入方法: オンラインでの事前購入
公式サイト: メガバス:https://ca.megabus.com/
グレイハウンド:https://www.greyhound.ca/
バスターミナルの位置: https://goo.gl/maps/kNKuoHonoH12(グーグルマップ)

4. あっとナイアガラのツアーを利用していく

ワイナリーも訪問する大人気のトロント発のナイアガラ丸かじり一日観光ツアーです。
毎日催行で、所要時間はおおよそ10時間とたっぷり使ってナイアガラの滝やワイナリーをめぐります。
トロントのダウンタウン地区のホテルご集合ですので安心してご参加いただけます。
是非こちらのトロント発|ナイアガラ丸かじり一日観光ツアーをチェックしてみて下さい。